新発売・スタッフおすすめ商品

ホーム > 新発売・スタッフおすすめ商品一覧 > サンエア 竹ピンブラシ SUN AIR Bamboo Pin Brush

サンエア 竹ピンブラシ SUN AIR Bamboo Pin Brush

2015-12-16




 
 

サンエアの竹ピンブラシは、「肌になじんだブラシを
末永く使い続けて頂きたい」という想いが込められています。

ピンは孟宗竹、ハンドルは天然木。プラスチックやナイロン
は一切使わず、
天然素材のみでつくられています。

天然素材のピンは台座に一本づつ手作業で丁寧に植えられ
ています。ハンドメイドならではの温かみがあるブラシです。

アフターサービスも充実しているサンエアの竹ピンブラシは、
きっとあなたの大切な「一生もの」となるでしょう。



 
  

   サンエアのブラシは、静電気が起きにくい。
 髪の毛同士の摩擦によって起こる静電気は髪を痛める原因になります。
 竹製のブラシは、ナイロン製や獣毛製のブラシに比べ静電気が起きにくく、
 ブラッシング時にキューティクルを傷めません。

 
 サンエアのブラシは、ドライヤーの熱に強い。
 竹ピンは熱にも強い素材です。耐熱温度は180℃なので、ドライヤーを使用しても問題ありません。
 熱による劣化が少ないため、末永くお使いいただけます。

 
 
 サンエアのブラシは、髪と地肌に、環境にもやさしい。
 しなやかで強く、柔軟性があり低収縮性という特性を持つ竹は、ブラシに最適な天然素材です。
 頭皮や髪に負担をかけずに、竹の天然油分が髪につやとしなやかさを与えます。
 

 


 
竹ピンブラシは、竹でできた丸い先端で
ツボマッサージができるブラシです。

そして、毛穴の中から汚れを取り出すのに
理想的な形と柔らかさを持っています。
ほど良い丸味を持ったピン先は、髪も頭皮
も傷めることなく気持ちよくマッサージする
ことができます。頭には、たくさんのツボが
あり、ピンで刺激することで、固くなった
頭皮の血行を促進します。

 
 
 

 
 

本物を、良い物を、長い間大切に使ってほしいから。

サンエア 竹ピンブラシのお客様の中には何十年と
同じブラシを大切にご愛用されている方もいらっしゃいます。肌になじんだピンを末永く使い続けて頂きたいという想いから、サンエアではブラシのアフターケアサービスを行っています。


【スペアピン無料サービス】
お使いいただいている中で、ピンが抜けてなくなってしまった場合、スペアピンを無料でご提供いたします。
 
【ブラシ再生サービス(有料)】
ゴム台座などが痛んできてしまった場合は、有料にてブラシのメンテナンスを行っています。



 
 ●竹ピンブラシの箱の一部がスペアピンの注文カードになっております。
 
 ●ブラシ再生サービス(有料)
 竹ピンを抜かずに現品を郵便封筒に入れ、ご住所、お名前、お電話番号、
 ご利用年数のメモを同封し下記宛に送付願います。

  〒107-0052 東京都港区赤坂9-1-7 サンエア株式会社ブラシ再生サービス係
 TEL (03)3402-3208 ご依頼品到着後数日で修理の上、返送いたします。





 
 
いろんな種類の竹ピンブラシ、ウッドブラシがございます。
 
 
  ▲汽鵐┘◆|櫂團鵐屮薀掘並隋法91
    サイズ:22.5×6.5×3.7僉―鼎機63g ピン数:91本
 
 ◆▲汽鵐┘◆|櫂團鵐屮薀掘幣) 46  
    サイズ:18.7×5×3.5僉―鼎機40g ピン数:46本
 
 、サンエア 竹ピンブラシ ムーンキス 31  
    サイズ:8.6×7.2×1.7僉―鼎機24g ピン数:31本
 
 ぁ▲汽鵐┘◆.Ε奪疋屮薀掘.椒妊マッサ  
    サイズ:10.9cm×7.7cm 重さ:約115g
 
 ァ▲汽鵐┘◆.Ε奪疋屮薀掘,泙たまマッサ  
    サイズ:10.9cm×7.7cm 重さ:約75g
 
 Α▲汽鵐┘◆|櫂團鵐屮薀掘,罎咾泙蹇61  
    全長:約13.5僉―鼎機55g ピン数:約61本
 
 Аサンエア ウッドブラシ ラインマッサ  
    
サイズ:約18cm 重さ:約50g
 
 ─サンエア 竹ピンブラシ ワンダフルブラシ(ペット用) 64  
    
全長:12.9cm 重さ:約50g ピン数:64本
 
 、サンエア 竹ピンブラシ たんとんとん 75  
    
全長:約29.3僉―鼎機約90g ピン数:75本
 
 、サンエア 竹ピンブラシ コームタイプ 31  
    
サイズ:18.5×5.0×1.7僉―鼎機40g ピン数:31本






商品に関するご質問等ございましたらお気軽にお問合わせください。

 

商品のお問合せはこちらから|返品についてはこちらから

このページのトップへ