糖化とは

ホーム > 肌の老化の原因「糖化」をご存知ですか?

酸化は「肌のさび」、糖化は「肌のこげ」!?すべての肌の悩みの原因となる糖化をご存知ですか?

『糖化』とは…

体内のタンパク質が糖と結びついてAGEsと呼ばれる有害な老廃物として体内に蓄積されてしまうことです。

高血圧や糖尿病など深刻な病気を引き起こしたり、また「肌を焦がす」と評されるほど美容に悪影響を及ぼしたりし、
現在では酸化より糖化のほうが美容に大敵と言われています。
肌は、もともとコラーゲンやエラスチンなどのタンパク質がお互いに絡み合い、そこにヒアルロン酸などの保湿成分が加わって肌の弾力を生み出しています。しかし糖化が起きると砂糖が焼け焦げて固いカラメルになるように肌の柔らかさが損なわれ、ハリや弾力が失われます。さらに糖化されたタンパク質は分解されにくく、新陳代謝を悪くするのでくすみやシミの原因にもつながります。

皮膚場で糖化反応が起こるとどうなるか

身体はそのほとんどがタンパク質で構成されています。皮膚真皮は、コラーゲンやエラスチンといった新陳代謝をほとんど行わないタンパク質が肌のハリや弾力を生みだしています。
皮膚のタンパク質であるコラーゲン分部で糖化(メイタード反応)による褐変化反応が生じると、AGEsがタンパク質とタンパク質を結ぶ無秩序な架橋構造を形成します。AGEsは、コラーゲン繊維同士を固めるため肌の弾力がなくなり肌そのものが固くなります。
またAGEsそのものが褐色のため、肌がくすむようになります。

糖化は老化につながる私たちの体内で糖とタンパク質が結びつくと老化物質であるAGEsが作られます。 糖化が生じてAGEsが増えると、肌が弾力を失う。
食パンで見る糖化現象

たとえば味噌や醤油を完熟させると色が濃くなり風味がまします。実はこれも、糖化のおかげ。身近なところに糖化はたくさんあります。糖化とは、タンパク質に糖がカルボニを結合し、最終糖化産物AGEsを生み出す反応のことです。フランスの科学者louis Camille Maillardがアミノ酸と糖による褐変反応から発見しメイラード反応として広く知られています。

食パンで見る糖化現象
お肌での糖化はゆっくり進む...

私たちの体内で「糖化」によってできた糖化生成物(AGEs)は、そのまま体内に蓄積されていきます。
糖化生成物(AGEs)は、一度できてしまうと分解されず、どんどん蓄積され続けてしまいます。ターンオーバーが正常におこなわれていれば、蓄積されることなく外に押し出されますが、年々、新陳代謝が鈍くなるのを放置しておくと、だんだんハリがなくなったり、くすみが出たりしまう。
「糖化」は、ゆっくりと進行する自然な老化現象なので、普段のお手入れが、お肌の明暗を分けることになります。

様々な肌質

糖化によるシミ

タンパク質と糖が結びつく糖化によってできるシミ。

黄ぐすみ

糖化が原因で起こるくすみで、肌が黄色くにごって見えます。

真皮性のシワ

加齢や肌の糖化によって、真皮のコラーゲンやエラスチンがダメージを受け減少することでできる、深いシワ。 表情をつくる際にできるシワが戻らなくなったものを表情ジワと呼びます。

たるみジワ

糖化によって真皮のコラーゲン、エラスチンが減少するのに加えて、顔の筋力が衰え、皮下脂肪が増加することでできる非常に深いシワ。 頭皮の老化によっても引き起こされます。

肌の自己回復力を高めて、老化肌に対抗するにはどうすればいいの?

糖化を抑え、美肌を維持するには、タンパク質とビタミンをバランス良く摂取すると同時に、肌を外側からもしっかりケアすることが大事です。そこで自然の恵みであるフルーツや植物などから抽出したポリフェノールの力を借りて美肌を守りましょう。

POLYPHENOL

それは植物が紫外線た虫の害から自らを守るためにつくりだしたポリフェノールやテルペノイドなどの物質の総称です。スキンケアにおいても、肌のハリやうるおいを保つ強い味方として知られています。さらに多種多様のファイトケミカルを取り入れることで、肌にもさまざまな動きかけをすることができ、いっそう高い効果が期待できるのです。

ポリフェノールとは?

植物の葉や茎、花、花粉、樹液、果物の皮など多く含まれる植物色素。テルペノイドとともに抗糖化、抗酸化に強いのが特徴です。植物が光合成をおこなうときに、糖の一部が変化してできる色素や苦味成分で、植物細胞の生成や活性を助けます。(クルクミン、クロロゲン酸、カテキン)

テルペノイドとは?

ユーカリの芳香、シナモンやクローブ、生姜などの風味、黄色い花などの発色に関わる物質で薬草治療にも使用。緑茶色野菜に含まれるカロテンもこの一種です。ルテイン、アスタキサンチン、リコペンなどに代表されるカロテノイドや生薬中の有効成分などの総称。

糖化を阻止する、植物由来原料・フルーツ
その他の植物由来原料・フルーツ 糖化を防ぐ4つのポイント
point1

老化の制御に抗糖化

21世紀に入って間もなく「アンチエイジング」対策として皆様が口々にしたのは抗酸化でした。抗酸化力のある化粧品で、いつまでも若々しくあり続けようと言われたものです。しかし、これが10年経った2010年頃から糖化に着目されるようになりました。糖化の方が老化を促進しやすというのがわかったきたからです。抗糖化成分として注目されたのがポリフェノールでした。ポリフェノールは野菜や果物に含まれており非常に多くの種類が存在します。

point2

有効なのは多種類

糖化反応経路というのは多岐にわたっているので、1種類だけのポリフェノールでは多経路にわたる糖化反応を制御することが出来ません。多くの糖化経路を遮断するためにはそれらに対抗できるような多種多様なポリフェノールを使う必要があるのです。つまりポリフェノール種類が多ければ多いほど糖化制御効果は高まるのです。

point3

どのような効果があるの

例えばウコンに特有のポリフェノールであるクルクミンはAGEs生産阻害作用があると言われています。梅に含まれるリグナン、ヒドロキシ桂皮醸等は、AGEs分解促進作用があります。緑茶のエピガロカテキン、エピカテキン等は糖化反応系に還元剤として作用します。このように様々なポリフェノールを使うことで様々な糖化作用をブロックすることが出来るのです。

point4

選ばれた13種の抗糖化戦士

我々が最初に注目した植物は、サフラン、ウコン、梅、シャクヤク、緑茶、ヒキオコシ、ヨクイニンの7種でした。これだけでも抗糖化に十分なのですがその後の研究開発で、イラン特産のフルーツであるナツメヤシ、アプリコットザクロ、イチジク、青リンゴ、ブドウからも有効なポリフェノールを高濃度に摘出することが可能になりました。まさに忍び寄る老化現象を抑えてくれる頼もしいポリフェノール軍団といったところでしょう?

皮脂膜や細胞間脂質になじむためには、親水性、親油性の両方を持っていることが必要不可欠。保湿成分プロパンジオール(トウモロコシ由来)は、皮脂膜、細胞間脂質に馴染み、しっかりとお肌の保湿をおこないます。

ミューフルナチュラルシリーズの使い方のコツはコチラ>>

PNシリーズ
PNクレンジング
PNクレンジング

天然由来の洗浄成分が肌を守りながら、メイクや皮脂、
古い角質、毛穴の奥の汚れまでを、しっかりと洗い落とします。
洗いあがりはしっとり、もちもち肌に。弱酸性だから洗顔後も
みずみずしさをキープ

PNローション
PNローション

手摘みした野生のバラのローズエキスをはじめ
天然由来のヒアルロン酸を使用。天然素材をたっぷりの
ジェルが角層のすみずみまで浸透し、肌の表面を滑らかにして
キメを整えます。

PNパック
PNパック

やさしく丁寧にパッティングすることで良質なコラーゲンを
はじめ肌に必要な成分をしっかり補給します。コクのある使い
心地で肌に溶け込むように、なじみうるおいのある艶やかな肌へ
と導きます。

このページのトップへ